バリ島旅行に行って来た vol.1 〜最悪なスタート〜

シンガポールに来てもうすぐ2年。

初めてシンガポールから日本以外の国に行きました。

行き先はシンガポールから3時間弱で行けるインドネシアのバリです!

H.I.S.にてホテルと飛行機の手配をして、ネットでオプショナルツアーを検索。

今回はバリチリの専用車でラフティング+ウブド観光 ¥12,000/人にしましたヽ(´▽`)/

ラフティングはかなり恐怖でしたがせっかくなので体験をしてみようということに…( ̄▽ ̄;)

 

さて、旅立ちの前日。

ガルーダ航空の安いチケットにしたから座席の指定が有料(4千円/片道一人)ということで、オンラインチェックイン時に指定しようと、ログインするとこのチケットはオンラインチェックインできません!とな。

なんでさー(´Д` )??しょうがないから、早めに空港に行くことに決め諦める。

 

旅立ちの日。

3時間くらい前に空港到着。

足早にカウンターへ向かい、後ろの席を希望するも満席だから無理だと言われる(´Д` )

あなたの座席は真ん中の非常ドアのところでしかも窓側二つ(3人席)…まあ、3時間弱だから耐えられるかな?と不安になりながらうなづく。

 

搭乗ゲートが一番遠い場所だったので、初めてターミナル内の電車を使うことに?

f:id:singaporeliving:20161012105706j:image

あっという間に搭乗ゲートに到着!使わなくても徒歩or動く歩道でもいけます。

 

いざ、飛行機に搭乗!

非常ドアのところは前の座席下に荷物を置けないのが面倒だが若干足のスペースが広い。

隣に人が来ないといいなとか無謀な要求も虚しく、隣には欧米のガタイがかなり良い方が着席。

…腕が私の腹に当たってます?

あなたの枕が私の足に置かれています?など、最悪なスタートとなりました?

機内食が出ましたが、期待はしない方が良いです…。

 

とりあえず3時間弱、寝て耐えてデンパサール国際空港に到着?

 入国手続き(入国スタンプが押されていることを確認)をして荷物を受け取り、出口を出るとびっくり。大量のプラカードとタクシー勧誘w

 

待ち合わせ場所が別のところだったのでそちらをスルーをして待ち合わせ場所に行くも、名前プラカードがないし、タクシー勧誘がすごいΣ(゚ω゚)

15分くらい名前を探すも見当たらず…仕方がないのでH.I.S.のバリ支店に電話(カタコトの日本語で対応してくれる)。青い服を探してくださいといわれ、見渡すと青い服(タクシー運転手も青い服なので)だらけ( ̄▽ ̄;)

こちらの電話番号を伝えコールバックを待つ間、人ごみをかき分けて椅子に向かうと5人くらいがくっちゃべっている係員を発見。

名前をいうと折りたたまれたプラカードを見せられ、そりゃわからないよと苦笑( ^ω^ )仕事しろよ( ^ω^ )

 

言われた言い訳が、14:35着だから待っていたのに来ないからどーのこーの。

確かに待ち合わせ場所に着いたのは15:20くらい。出会ったのは15:40くらい。

飛行機ついてすぐここまで来れないこと知らないのかな?荷物がすぐ出て来ないこと知らないのかな?とかなりイラつきましたが楽しい旅にしたいから我慢?文句言われなかったらここまでイラつかないけどなんで文句言われなきゃいけないのか?と…。謝っていたからなんとか冷静を保てましたが…。

 

送迎車に向かう途中に見た門でテンションを上げ直し、ホテルへ向かう。

f:id:singaporeliving:20161012111614j:image

 

vol.2へ続く。